2005年11月

2005年11月30日

非・バランス

非・バランス
非・バランス
posted with amazlet on 05.11.30
ビクターエンタテインメント (2002/01/25)

小日向さんの演技好きです…★★★★★
全体的な演技…★★★☆☆
優しい気持ちになる…★★★★☆
恋に効く映画


機会があってみることができました。調べてみたところなんとこの映画廃盤になっているんですね。児童文学新人賞受賞の魚住直子原作『非・バランス』を映画化したものです。富樫森監督、廃盤になった理由はわかりませんがすごくいい作品でしたよ。
一、友人を作らない。二、クールに生きていく。主人公のちあきが決めた二つのルールがその意味を失うまでの物語です。オカマの菊ちゃんとの間に育まれる友情。菊ちゃんが最高の役回り。強さと弱さの内包する人間の優しさと暖かさと悲しさを最大限に表現しています。強くて優しい人は、強がらないと、優しくいないとたっていられない人。誰もが多かれ少なかれそうなのかもしれない。ラストまでにたくさんの思いを心に残してくれる作品。人に優しくなりますよ。

映画は買えないようなので本のご案内を…映画とは少し設定が違います。
非・バランス


(ストーリー)
小学校で受けたいじめを耐え抜いたチアキは二つのルールを作る。クールに生きていくことと、友達はつくらないこと。そのルールはチアキを傷つくことから守ると同時に孤独にさせた。夏休みを目前に控えたある日、チアキは願いを叶えてくれると噂されている緑のおばさんと勘違いし、声をかけたオカマの菊ちゃんと知り合う。チアキは菊ちゃんと触れ合ううちに多くを学び、変わるために歩き始める。しかし優しさと強さをかねそろえ、時にチアキを守り、励ました菊ちゃんにもたくさんの弱さがあった…

naoyan55 at 22:48コメント(0)トラックバック(0) 
DVD 

2005年11月29日

今思うことは

今も昔も
同じ音楽を聴きながら
同じように言葉をつづる
あの頃は
言葉の力を過信して
何もかもが
救える気がした
君が届けてくれた言葉は
自分さえ守れない
そう気づかされたときに
僕が失った
かけがえのない言葉
世界中の人を守れる言葉じゃないけれど
大切な一人を守れる
そう信じられる
大切な
言葉

naoyan55 at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 
poem 

2005年11月28日

幸せの意味

どうしたら
幸せを手に入れられるのか
そんなことを
聞かれました

今大切なものを
失わないように必死なのだと
そういわれました

どれだけの寂しさにたえ
どれだけの悲しみにつかり
どれだけ人を傷つけて
どれだけ人に傷つけられ
どれだけ裏切られ
どれだけ裏切り
どれだけの重荷を背負い
どれだけの怒りを抱え
どれだけの失望を抱えましたか


幸せになりたいと思う
すべての人へ

幸せをうまく言葉にはできないけれど

幸せの意味を知る人は
幸せであれば見落としてしまう幸せの意味を
知る人は

誰もが通る
長い闇をすごし
たくさんの涙を流した人なのだと
思います
今あなたがいる闇で
待ち続けた人たちなのだと思います

naoyan55 at 12:00コメント(2)トラックバック(0) 
poem 

2005年11月25日

25年目のキス

25年目のキス
25年目のキス
posted with amazlet on 05.11.24
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2004/10/22)
ドリュー好きです…★★★★★
ストーリー…★★★★☆
キスが素敵になる…★★★★★
恋に効く映画

最近採点が★5つばかりじゃないか!との声を聞きますが、そのとおり。何せお勧めの映画を紹介してるのだから。ということで今回も高得点の映画。学校生活が簡単な事でばら色になったり、ひどく惨めになったり。誰にもそんな記憶があるはず。もしもう一度やり直せたら、と考える日と多いはず。誰もが用意されたように待ち受ける、「みんなが…」という価値観に自分を当てはめて人気者になりたいと思う。そんな現実に自分が自分でいるためには、というテーマを掲げる。メッセージ性もあり、ラブロマンスもありと申し分ない傑作。っていうかウエディングシンガーでも屈しましたが、ドリュー、この人にはかなわないなぁとおもいます。ぜひ大切な人と素敵な時間を過ごしてください。キスが素敵になる映画ですよ。

(ストーリー)
シカゴ・サン・タイムズ社で働くジョジー。25歳にもなるのにまだキスも経験したことがない。真面目過ぎるほどまじめなジョジーは、いまだ記事を書かせてもらえない。水槽のカメだけが話し相手の寂しい生活。そんなジョジーが高校への潜入ルポをすることに。初めての記者の仕事だが、高校時代いじめられっこだったという苦い記憶があり…
出演: ドリュー・バリモア, デイビッド・アークェット, その他。監督: ラジャ・ゴズネルでおくるラブコメディ。

naoyan55 at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 
DVD 

2005年11月24日

10日間で男を上手にフル方法



10日間で男を上手にフル方法
10日間で男を上手にフル方法
ラブコメ王道…★★★★☆
キャラクター…★★★☆☆
ケイトハドソンに恋する!!…★★★★★

恋に効く映画

序盤はケイトハドソン演じるアンディの「いやな女」としての振る舞いにやや抵抗感を示す方もいるのではないでしょうか。記者として男と別れるにはどうすればいいかを取材するため、実際に男と別れてみようとするのですが、駆け引きが軽妙で見ていてあきません。折り返しの中盤からの心の動きも秀逸。とことんラブコメなわけです。もうタイトルからしてそうなんだから頭っからそのモードで見ましょう。かなり楽しめるはず。マシューはいい男だし、ケイトハドソンの演じる小悪魔ッぷりや、ドレスアップ姿も魅力満点。最初から最後まで幸せな気分になれる素敵な作品です。アンディの「男に嫌われがちなこと」が確かによくありがちなことで、見終わったあとに恋人と盛り上がれること間違いなし!

(ストーリー)
人気女性誌でハウツー担当の編集者アンディは次の特集に取り掛かることに。だいはずばり「10日間で男を上手にフル方法」。その相手に選ばれるのは広告代理店のベン。ところが彼も、大きな仕事を取るために10日間で女を夢中にさせる賭けをしていた。どうしても期限までに彼に愛想をつかれたいアンディと、期限までにアンディを恋人にしたいベン。二人の駆け引きはいつしか二人の心をより強く近づけて・・・

naoyan55 at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 
DVD 

ランドマークタワー

ランドマーク2ランドマークタワー1







<日本一星に近い散歩。輝く町を一望する!>
恋に効くデートスポット
海と町を望む絶景…★★★★★
大切な想い出になる…★★★★☆

 今回のお勧めは横浜ランドマークタワー。桜木町MM21地区のシンボルとして立つランドマークタワーの69階にある展望台。地上273mで日本一高い展望台です。昼間は伊豆半島までが見渡せるまさに絶景のスポット。写真は休日のもので、平日よりも明かりが少ないのですが、それでも眼下は光の海。闇に沈んだ海と陸地に広がる光の対比はまさに芸術。
 昼間は買い物や観覧車、大道芸などを楽しんで夜に行くのがお勧めです。眼下に広がる町並みを眺めながら一日を振り返れば、話が盛り上がること間違いなし。席が埋まりがちですが、展望フロアのスカイカフェのカウンター席では景色を眺めながら一休みもできます。いつもと変わらない時間が特別になる瞬間を味わえる。そんな場所です。
 気をつけなければいけないのは曇りの日。あまりにも展望台が高くて、雲が多すぎると、眼下さえ曇っていて何も見えないということもあります。天気だけは要チェック。
─────────────────────────────
■営業時間
10:00〜21:00 [ 最終入場は20:30 ] 
毎週土曜日と夏休み期間は22:00迄営業 (最終入場は21:30)  
年中無休 混雑時には最終入場時間を繰り上げる場合があります。
臨時休業及び営業時間を変更する場合もあります。

■入場料
大人 : 1,000円
大人(満65歳以上) : 800円
高校生 : 800円
小・中学生 : 500円
幼児(満4歳以上) : 200円

naoyan55 at 02:03コメント(0)トラックバック(0) 
お出かけスポット! 

2005年11月20日

ディープエンドオブ・オーシャン

ディープエンド・オブ・オーシャン
ディープエンド・オブ・オーシャン

抱きしめたくなる…★★★★★
キャラクター…★★★★☆
恋に効く映画

ここのところ有名な作品が続いたので、ヒューマン系で少し前の映画を。はじめてみたのはだいぶ前。もう5〜6年はたつかもしれません。でも何度見返しても泣きます。
目を離した隙に誘拐された子供が9年たって戻ってくるというストーリー。
母親、兄、父親の失われた時間と責任の所在をみずからの中に見出してしまうことの悲しさが全編を通じて心に響きます。
さらわれた弟が抱える二つの家族への葛藤。元の家族にとって失われた時間は当人にとっては失われたのではなく、そもそも存在し得なかった時間。そのギャップが生む葛藤は愛の意味を子供ながらに真摯に考える姿勢に変わっていく。これがまた泣ける。泣かせることばかり狙った映画が多いというのも最近よく耳にしますが、いいではないですか。涙は心の栄養薬。秀作です。ぜひ恋人と、ご家族とどうぞ。

(ストーリー)
1988年、ウィスコシンシン州マディソン。写真家のベス(ミシェル・ファイファー)は夫のパット(トリート・ウィリアムス)に見送られ、7歳のヴィンセントと3歳のベン、赤ん坊のケリーを連れて高校の同窓会に出席。ところが、少し目を離したすきにベンが姿を消し…続きを読む

naoyan55 at 09:46コメント(0)トラックバック(0) 
DVD 
Noyプロフィール
横浜在住。20代をターゲットにした某女性ファッション誌の元アクセサリー、時計のバイヤー。ジュエリーコーディネータの資格もち^^。映画をこよなく愛してます。最近の趣味は散歩です。
お勧め書籍
おすすめ!!
ぼくとおなじすべての臆病者へ
ぼくとおなじすべての臆病者へ
posted with amazlet
on 05.10.30
新風舎 (2005/08)

Amazon.co.jp で詳細を見る
ひとつでも多くの詩が誰かの心に残りますように…ひとつでも多くの詩が足跡としてこの世界に残りますように…
Recent Comments