2014年09月

2014年09月28日

風立ちぬ



風立ちぬ [DVD]
★★☆☆☆・・・頑張っている大切な人を応援したくなる
★★☆☆☆・・・せつなくなる。
★★★★★・・・何やら中途半端感が残る
★★★☆☆・・・でも泣かされちゃう

ゼロ戦の設計者、堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルにした話。
ということで出だしは二郎青年とヒロインの菜穂子が関東大震災のさなか出会う場面から。
その後日本は戦争に向かってひた走ります。
日本は技術力もなく、不景気ではあるものの、二郎の美しい飛行機を作りたいという幼いころからの夢は、飛行機の持つ兵器としての側面によってかろうじてついえることなく続いていきます。
夢を追いひた走る二郎の情熱と、当時多くの人が治癒することのできなかった結核にかかった菜穂子との愛が描かれた映画です。
結果がどうだったのかはここでは書きませんが、ゼロ戦の事はよく知られているので想像の通りです。
いろんな解釈の仕方がありますが、二郎がまっすぐで、迷いがないため、心の葛藤がわかりにくく、もう少しそこを掘り下げてもよかったのでは?と思います。
菜穂子との愛も、病気を知ってなお結婚するなど、思わず泣いてしまう部分もありましたが同じような話なら「余命一カ月の花嫁」のほうがよっぽど心にこたえるわけで・・・もう少し二人の心のやり取りを丁寧に書いてほしかったなぁという感じ。
ということで、ちょっと他の作品と毛色の違うジブリ作品。とりあえず泣きどころもあるからいいのかなぁ・・・

naoyan55 at 02:42コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月22日

おおげさじゃない毎日

目を閉じて
フラッシュバックするような
特別な出会いなんていらない

人生を変えるような
劇的な言葉なんていらない

現実が色をなすような
特別な体験じゃなくてもいい

輝かしい未来ばかりが
目の前に広がるような
毎日じゃなくていい

平凡でもいい
たまに話して微笑みあえるような
大切な出会いならそのほうがいいんだ

ちょっと迷った時
そっと背中を押してくれるよな
優しい言葉が胸にある

目の前に君がいて
つないだ手から伝わるぬくもり
そんな些細な感覚がいとおしくて

まだ先は見えなくても
君と未来を探す毎日が
今何よりも輝いてるって思えるよ



naoyan55 at 23:57コメント(0)トラックバック(0) 
つれづれなるまま | poem

2014年09月20日

お勧めペアアクセサリー

いつも映画のネタばかりですが、気になったものをちょっと紹介。
二人でつけられるリングで気に入ったものを見つけたので・・・


★2人の絆を固く結び、誓いを永遠にするダイヤモンド
アクセサリーのアクセントになる石。誕生石とか、選び方はいろいろあるけど、やっぱり魅力的なのはダイヤモンド。
white clover(ホワイトクローバー)のこのリングには、「永遠の絆」を石言葉に持つダイヤモンドが埋め込まれています。

販売価格21,000円+税
公式サイトはこちら



★シンプルなダイヤモンドリングにもなる2way
外側のシルバーが外せるので、シンプルなリングとして他のリングと重ねづけしたり、あまり露骨にペアを見せたくない時に、一人はシンプルに持ったりと、アレンジが自由にできるのも魅力。
シルバーをつけるとちょっと重厚感が出るので、男性側がシルバー付きにするのがおすすめです。

●誓いを立てる「make a vow」
管理人が一貫してお勧めなのが文字入りのアクセサリー。文字入りってちょっと…という人も中にはいると思いますが、言葉の力ってほんとにすごいんです。ということで管理人は言葉入りのアクセサリーを強く勧めております。
このリングに彫られた文字は「make a vow」。“誓いを立てる”という言葉にお互いの変わらない気持ちを誓いあうペアリングです。

white1

販売価格21,000円+税

[Ladies]7号〜13号(奇数サイズのみ)
[Men's]7〜21号(奇数サイズのみ)
●素材 silver925 ダイヤモンド

●加工
[Ladies]ピンクゴールドコーティング
[Men's]ルテニウムコーティング

●メッセージ
「make a vow(誓いを立てる)」

naoyan55 at 10:35コメント(0)トラックバック(0) 
プレゼント 

LIFE!

LIFE!/ライフ [DVD]

胸が温かくなる・・・★★★★☆
ゆっくりと二人で話し合える・・・★★★★★

一見ちょっとさえない男、ウォルター・ミティ(ベン・スティラー)のいわゆる冒険譚。
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルターは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。
ある日、人生を捧げてきた雑誌「LIFE」が経営陣の変更と大幅な路線変更をすることになり、雑誌は廃刊が決定する。
最終巻の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いたウォルターは、失われたネガをもとめ、カメラマンを捜す旅へ出る。という話。
 ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへとつづく奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマです。
旅の途中で、諦めた夢や、子供のころの思い、両親の気持ちや、介護を含めた今など、過去と現在が交差したり、いつの間にか眠っていた勇気ややる気が首をもたげてくるのがわかります。どんな人も長い人生の中でいつの間にか忘れたものがあると思います。でも振り返ればその大切な何かってやっぱり心にも体にも染みついて残っていたりするんですよね。それが今の自分なんだって思います。コマが得意だったり、ゲームが得意だったり。最近子供と遊ぶとそんな自信にあふれてた頃の自分を思い出したりして・・・
見た後に、胸があったかくなる映画です。そして昔の自分やこれからの事をゆっくり一緒に見た人と話せる映画だと思いますよ。

<お勧めサイト>
二人の恋を高めるペアアクセサリー紹介サイトはこちら

naoyan55 at 10:28コメント(0)トラックバック(0) 
movie | DVD
Noyプロフィール
横浜在住。20代をターゲットにした某女性ファッション誌の元アクセサリー、時計のバイヤー。ジュエリーコーディネータの資格もち^^。映画をこよなく愛してます。最近の趣味は散歩です。
お勧め書籍
おすすめ!!
ぼくとおなじすべての臆病者へ
ぼくとおなじすべての臆病者へ
posted with amazlet
on 05.10.30
新風舎 (2005/08)

Amazon.co.jp で詳細を見る
ひとつでも多くの詩が誰かの心に残りますように…ひとつでも多くの詩が足跡としてこの世界に残りますように…
Recent Comments